最新記事一覧

伝統医療を職業にする

男の人

技能は専門学校で学べる

医療に関する専門職といえば、医師や歯科医師など4年制大学で学んだ後に国家資格を取得して就労するものというイメージがあります。しかし中には専門学校で学べるものもあります。その1つが柔道整復師です。柔道整復師の柔道整復とは、主に骨や関節、靭帯、筋肉などの故障を治療する専門技術です。外科手術や薬物療法などを用いないのが特徴で、手技をメインとして使用し、患部を修復・固定して自然治癒力を引き出します。柔道整復は日本に古来より伝わる民間療法をベースとしていますが、職業とする場合は治療技術に加えて解剖学や整形外科学など西洋医学についても学び、必要な知識を習得する必要があります。柔道整復に関する知識や技能は国が指定した養成学校で学ぶことができます。指定されているのは3年制または4年制の専門学校で、3年制の短期大学や4年制大学の中にも養成コースを設けているところがあります。これらの学校で所定の単位を修め、毎年1回実施される国家試験に合格すると柔道整復師の資格が得られます。柔道整復師の資格取得者は、主に接骨院または整骨院で治療に従事します。これらの施設では、一定の要件を満たして官公署に届出を行えば病院等と同様に保険診療を手がけることができます。なお、医師や歯科医師と同様、自ら接骨院または整骨院の経営者となることも可能です。また、独占業務ではありませんが、その専門技術を生かしてスポーツマッサージや高齢者介護などの現場で活躍する柔道整復師もいます。

Copyright© 2018 一人前の柔道整復師になるための道順|大学や短大を卒業する必要 All Rights Reserved.