最新記事一覧

検査のスペシャリスト

男女

これからの時代に益々活躍

医療技術の進歩に伴い、今まで発見するのが難しかった初期のがんや新たな感染症の原因を特定することができるようになってきました。その陰の功労者が臨床検査技師です。臨床検査技師は、まさに病院での検査のスペシャリストと呼べる職種です。主に業務は二種類あります。一種類目は患者様から採取した血液や組織、尿や便などから病気の原因を探る検体検査です。二種類目は脳波や心電図等の生体検査です。どちらも検査も病気の早期発見や治療法の検討などにとても役立ちます。臨床検査技師になるには、指定のカリキュラムを行う専門学校や短大、大学を卒業する必要があります。卒業後に国家試験を受けて合格することで初めて臨床検査技師として働くことができるのです。逆に言うと、これらの学校を卒業しなければ資格が取れないということにもなります。そのため、学校選びが非常に重要となります。学校では、主に解剖学や生理学などの医学の基礎知識を学ぶだけでなく、各種検査の技術も学ぶことができます。とくに検査技術は臨床に出てから非常に重要な技術となるため、実際に実技実習を通して練習することができます。また学校に入学する目的は、臨床検査技師として働くことだけが目的ではありません。専門的な学校を選ぶ事で、同じ道で歩いていく仲間を作ることができます。学生時代に築いたつながりは、臨床に出てからも大切なものとなります。臨床に出てから、思わぬ場所で母校出身の先輩や同期、後輩と出会うこともあります。

Copyright© 2018 一人前の柔道整復師になるための道順|大学や短大を卒業する必要 All Rights Reserved.