最新記事一覧

資格取得支援と就職

レディ

専門学校との違い

医療系の資格にはいろいろあり、大学のみからしか取得が目指せないものもあれば、専門学校でも取得できるものがあります。大きな病院などでは必ず必要になる放射線技師ですが、資格を得るためには大学や短大、専門学校を卒業する必要があります。専門学校ならほぼ入学試験などがないので楽に入学できます。3年で卒業できるので、4年制に比べると1年早く資格取得が可能です。それでも4年制の大学に行くメリットや魅力があるかです。放射線技師は、所定の学校を卒業し、国家試験を受験して合格しなければなれません。医療関係資格といえば、学校を卒業すれば多くの人が合格するイメージがあるかもしれません。しかし資格によって合格率が異なります。放射線技師だと70パーセントから80パーセントぐらいの合格率なので、必ずしもすべての人が合格できるわけではありません。合格率だけを見ると、大学の方が専門学校よりも高めになっています。それだけ資格取得支援があると言えるでしょう。放射線技師の資格を取得できたとして、その後に就職できるかどうかの問題があります。どちらも一定の職を得ることはできるでしょうが、大学の方がパイプが大きいと言えるでしょう。国公立だと医学部付属の病院などを持つところがあります。となると、そちらへ就職できたり、出身者がいる病院などに就職がしやすくなるようです。専門学校でも一定の就職は可能ですが、就職先の選択肢が異なります。大学の方がより良い就職先から選ぶことができます。

Copyright© 2018 一人前の柔道整復師になるための道順|大学や短大を卒業する必要 All Rights Reserved.