最新記事一覧

男女

検査のスペシャリスト

臨床検査技師は指定された専門学校や短大、大学を卒業し、その後の国家試験に合格しなければ資格を得る事ができません。そのため、学校選びが非常に重要となります。また学生時代の出会いが、臨床に出てから大切なつながりとなることがあります。

詳しく見る

レディ

資格取得支援と就職

放射線技師になるには、大学か専門学校を卒業しないといけません。大学に行くメリットとして、資格試験への合格率が高いところが挙げられます。それだけ資格合格対策をしてくれるのでしょう。就職の面でもメリットがあります。

詳しく見る

男の人と女の人

人の役に立つ職業

理学療法士を目指して専門学校に通う人は多く、その中には社会人になってから専門学校に通う人もたくさんいます。社会人の中には、働きながら学ぶ人もいまして、そのような人のために夜間で勉強することができるコースもあります。

詳しく見る

男の人

伝統医療を職業にする

柔道整復は、日本古来の伝統医療に端を発する骨や筋肉等の故障に係る治療技術です。職業として従事する場合は、養成学校で学んだ後に柔道整復師の国家資格を取得する必要があります。養成学校には3年制以上の専門学校、3年制短大、4年制大学があります。

詳しく見る

男女

医療業界に欠かせない職業

病院等に欠かせない職業の一つが臨床検査技師です。専門学校では早く一人前の臨床検査技師になる事ができるように指導をしています。就職率の高さが専門学校の魅力です。多くの人が在学中に就職を決め卒業後すぐに働いています。

詳しく見る

合格実績や実習環境

男性と女性

昼間と夜間

街中にある医療機関として、整骨院や接骨院、ほねつぎなどを見かけるかもしれません。これらを開業するには柔道整復師と呼ばれる国家資格が必要になります。よく似た機関に整体院がありますが、こちらは民間資格なので全く異なります。整体院を開業するには、民間団体が行う整体師を養成する機関に行く必要があります。柔道整復師は国家資格で、国家試験に合格しないとなることができません。国家試験は誰でも受験できるわけではありません。柔道整復師になるには、養成施設として定められた専門学校か大学や短大を卒業する必要があります。これにより受験資格が得られます。まずはどんな学校を選ぶかですが、国家試験の合格実績が高いところが良いと言えるでしょう。受験すれば誰でも合格できるわけではなく、一定の難易度があります。きちんと対策をしてくれるところなら、卒業後すぐに合格ができます。合格後にすぐに仕事がしたいなら、実習環境が整っている学校を選ぶ必要もあります。柔道整復師になりたい人は様々です。高卒で進学する人もいれば、既に社会人として働いている人もいます。高卒の人なら、昼間に授業が受けられるタイプの学校に行くと良いでしょう。カリキュラムにも余裕があり、実習も多く設定されています。仕事をしながら学びたい人は、夜間に行われている学校を選びましょう。社会人向けのコースが用意されていて、より内容の濃い授業が受けられます。勉強は大変ですが、昼間と同じ内容が学べます。

Copyright© 2018 一人前の柔道整復師になるための道順|大学や短大を卒業する必要 All Rights Reserved.